• Specs
  • Color Chart

"HIRA CRANK GILL S-BILL 110SS"

「ヒラクランクギル Sビル110SS」
「ヒラクランクギル Sビル110SS」は、低水温期や無風のタフな状況でも魚を引っぱり上げて食わせ込ませる、スローシンキングタイプのミディアムサイズジョインテッドベイト。独特な小型ビルはS字系に近い緩いロール&フラッタリングを生み出し、さらにブッシュや枝越しにルアーを入れた場合でも引っ掛からず回収できるように開発されたもの。このルアーならではの使用法は、縦ストラクチャーに沿って目視できる範囲でのスローフォール。草や枝に糸を掛けての垂直なフワッとした誘いも効果的。ノーシンカー状態のフリーフォールでビッグフィッシュがもんどりうってバイトしてくる様は衝撃的です。カバー際やレイダウンの上などを左右へ規則正しくフラッタリングさせながら巻き込むデジタルビッグベイト釣法では、このルアーならではの移動距離を抑えた演出を、誰でも糸絡みすることなくこなせます。この釣りのイメージは、ビッグフィッシュを持ち上げて堪らずバイトさせてしまう、ハードベイト版ミドスト。通常のリトリーブでは追うだけの魚達が高確率で口を使ってきます。

Tips

S-BILL DESIGN

S字系に近い緩いロール&フラッタリングを生み出し、ブッシュや枝越しにルアーを 入れた場合でも引っ掛からず回収できるように設計された、独特な小型ビル (左。右はヒラクランクギル 110F)。

Movie

ノリーズ 「ヒラクランクギル」シリーズはサイズ・リップ・ウエイトで使い分ける!

田辺哲男が「ヒラクランクギル」シリーズの「110F」「Sビル110SS」「Sビル­140F」をサイズやリップ形状、ウエイトで使い分けて、タフな状況下のバスに迫りま­す。誰でもどこのフィールドでも真似できる、状況による使い分け方を実釣で解説します­。

亀山湖のギルパターン攻略テクニック 城ノ上巧

亀山湖のデカバスハンター 城ノ上プロが、話題のヒラクランクギル Sビル110SSと、4.5"フリップギルを使って亀山湖を攻略。Sビルの­独特な使い方「デジ巻き」も映像で徹底解説します。

初夏の琵琶湖を攻略 カバービッグベイティング 諸富真二

“琵琶湖の若獅子”ことプロガイド諸富真二が、初夏のアフターデカバスを攻略。ヒラク­ランクギル Sビル 110SSをメインに、琵琶湖南湖のカバーでビッグバス­を誘います。ヒラクランクギ­ル Sビルの使い方(デジ巻き)も解説。 

ヒラクランクギル Sビル 110SS アイテム解説&実釣 諸富真二

初夏の琵琶湖南湖を、ノリーズプロスタッフであり琵琶湖プロガイドの諸富真二がヒラクランクギル Sビル 110SSで攻略します。話題のテクニック「デジ巻き」についても解説します。

Specs

Model Type Length Weight Price
HIRA CRANK GILL S-BILL 110SS Slow Sinking 110mm 30g class ¥4,600

※表示されている価格はメーカー希望本体価格です。

Color Chart - HIRA CRANK GILL S-BILL 110SS


HR01 ボーンギル

HR03 フラッシュギル

HR04 グリーンギル

HR05 ブラックスケールギル 2015NEW

HR06 バタフライギル 2015NEW

HR07 チャートリュースギル 2015NEW

HR08 アユギル 2015NEW

HR09 アカガエル

※画像には他のモデルから転載しているカラーがあります。

savefish