2019年のノリーズは、ジャパンフィッシングショー2019 in横浜、フィッシングショーOSAKA 2019にブース出展します。2019年リリース予定の新アイテムをはじめ、開発中のプロト製品も含めた注目のNEWラインアップを展示予定。トップウォータールアーの概念を覆す話題の新カテゴリルアー「フカベイト」、ノリーズの核となる「ロードランナー」シリーズNEWアイテム、マグナムサイズ・システムクランク「ショットストーミーマグナム5」など、本気でバスと向き合うノリーズならではのアイテムが勢揃い。実際に目で見て、感じて、そしてプロスタッフから直接話を聞けるブースをご用意して、皆様のご来場を心よりお待ちしております。ブレることなく進化し続ける「ノリーズ」の世界を感じてください。

EVENT SCHEDULE

イベント名 開催期間 ブース案内図
ジャパンフィッシングショー 1月18日(金)~1月20日(日) PDF: ブース位置「C-356」
フィッシングショーOSAKA 2月2日(土)~2月3日(日) PDF: ブース位置「6B-(1)」

2019 CONVENTION SCHEDULE

  • ジャパンフィッシングショー2019 in 横浜
  • フィッシングショーOSAKA 2019

NORIES CATALOG 2019

・カタログ-THE CATALOG 2019

・特別限定品として、「オリジナルデザイン マグナムボックス3020NDDM」を販売(1個 ¥1,000円(税込み))。


※ジャパンフィッシングショー2019 in 横浜での販売となります。
※会場でのお取り扱いとなります。十分な個数をご用意しておりますが、品切れの場合はご容赦ください。


ANGLER

田辺哲男(1月18日~20日)

1993年B.A.S.S.ケンタッキーインビテーショナルでの外国人初優勝をはじめ、常にバスフィッシングシーンをリードし続けるプロフィッシャーマン。 どのような局面でもマイゲームを貫き、一匹との出会い、そしてその価値を追求するスタイルで、多くのアングラーに影響を与え続けるレジェンド。

荻野 貴生

荻野 貴生 (1月19日~20日)

豊富な経験から導き出された独自の理論と深い知識を持つマルチエキスパートアングラー。プロガイドとして利根川、琵琶湖をはじめ各地で活躍中。エキスパート達が思わずうなってしまう“通”な引き出しを、状況に合わせて的確に展開する超本格派。

伊藤巧 (1月18日~20日)

利根川を舞台に開催される「TBC」、ハードベイトオンリーで競われる「H-1GPX」など、多くのトーナメントに参戦し優勝経験も豊富。エネルギッシュなラン&ガンスタイルでトーナメントシーンを疾駆する、若手実力派トーナメンター。釣りに対する熱さは尋常じゃなく、試合前日に車を炎上させた経験を持つ。

城ノ上 巧 (1月20日)

国内有数のハイプレッシャーレイク亀山湖で、ビッグサイズルアーを駆使し、数々のモンスターバスを仕留める姿は、まさに「モンスターハンター」。フィネスからストロングスタイルまで様々な釣りをやりこんできた経験から編み出す個性的なテクニックで、さらなるビッグフィッシュパターンを追求している。

NORIES CATALOG 2019

・カタログ-THE CATALOG 2019

ブースにて販売しております。

ANGLER

田辺哲男 (2月2日、3日)

1993年B.A.S.S.ケンタッキーインビテーショナルでの外国人初優勝をはじめ、常にバスフィッシングシーンをリードし続けるプロフィッシャーマン。 どのような局面でもマイゲームを貫き、一匹との出会い、そしてその価値を追求するスタイルで、多くのアングラーに影響を与え続けるレジェンド。

伊藤巧 (2月2日、3日)

利根川を舞台に開催される「TBC」、ハードベイトオンリーで競われる「H-1GPX」など、多くのトーナメントに参戦し優勝経験も豊富。エネルギッシュなラン&ガンスタイルでトーナメントシーンを疾駆する、若手実力派トーナメンター。釣りに対する熱さは尋常じゃなく、試合前日に車を炎上させた経験を持つ。

山口 博史

諸富 真二 (2月2日、3日)

元気がトレードマークの琵琶湖新人ガイド。琵琶湖でのガイドだけでなくトーナメントにも参戦し、全国大会進出など確かな実績を誇る。カバーゲームに絶対の自信を持ち、巻きモノやライトリグなども得意とする、今後の活躍が期待されるアングラー。

NORIES CATALOG 2018

・カタログ-THE CATALOG 2018

ブースにて販売しております。

ANGLER

田辺哲男

1993年B.A.S.S.ケンタッキーインビテーショナルでの外国人初優勝をはじめ、常にバスフィッシングシーンをリードし続けるプロフィッシャーマン。 どのような局面でもマイゲームを貫き、一匹との出会い、そしてその価値を追求するスタイルで、多くのアングラーに影響を与え続けるレジェンド。

伊藤巧

利根川を舞台に開催される「TBC」、ハードベイトオンリーで競われる「H-1GPX」など、多くのトーナメントに参戦し優勝経験も豊富。エネルギッシュなラン&ガンスタイルでトーナメントシーンを疾駆する、若手実力派トーナメンター。釣りに対する熱さは尋常じゃなく、試合前日に車を炎上させた経験を持つ。

渡邊 和哉

遠賀川をメインに活躍する若き注目株。ジャークベイトやスピナーベイトなどの巻きモノでランガンするスタイルを得意とする一方、タフな状況ではフィネスな釣りもそつなくこなす。トーナメントにも参戦し着実に実績を積み重ねており、今後の活躍が期待される一人。