NORIES PRO STAFF

北海道エリア

上田 仁之

上田 仁之 Yoshiyuki Ueda

『北のロックフィッシュマスター』
ロックフィッシュアイランド・北海道を代表するロックフィッシュアングラー。トーナメントでは常に上位をキープする実力派として知られ、そのストイックな姿勢は多くのアングラーに影響を与えている。多彩なメソッドとそれらを支える高次元なスキルで、大型ロックフィッシュを狙う。
半田 義博

半田 義博 Yoshihiro Handa

『ストロングスタイル・ロックフィッシャー』

ロックフィッシュをメインに、北の大地で活躍するマルチフィッシャーマン。型にはまらない強気なゲーム展開が彼のフィッシングスタイル。また、丁寧でわかりやすいコーチングにも定評があり、多くのアングラーから厚い信頼を受ける。
半田 義博

三上顕太 Kenta MIkami

『北海道の若き雄』

聖地・北海道のロックフィッシュトーナメントにおいて、常に表彰台に絡む成績を叩き出す超実力派。日々の実釣から裏付けられた理論と、アングラーとしての直感を武器に数々のトーナメントで輝かしい実績を残す。多くのロックフィッシャーマンに大きな影響を与え続ける若きエース。

このページのトップに戻る

東北エリア

進藤 偉美

進藤 偉美 Takami Shindo

『八郎潟の裏番長』
八郎潟のほとりでボートサービス“スターティームカンパニー”を経営。メジャービッグレイク・八郎潟を誰よりも知り尽くし、八郎潟で活動するアングラー達の間ではボス的な存在。八郎潟というフィールドにとどまらず、日本のバスシーンについても深く精通するストロングフィッシャーマン。
畠山 秀悦

畠山 秀悦 Syuetsu Hatakeyama

『八郎潟マイスター』
八郎潟をホームレイクとしS.T.Cを拠点に、トーナメントやバスガイドをこなす。八郎潟でおこなわれた、チャプター秋田では常に上位をキープし、年間優勝を2回獲得している。
田中 努

三上哲 Akira Mikami

『HBA初代AOY 八郎潟フラチャットマスター』
東北のビッグフィールド八郎潟で開催されているHBA(八郎太郎バスマスターアソシエーション)で見事に初代AOYを獲得したフラチャットマスター。 様々なチューニングで、刻々と変わる状況にアジャストする事ができる技はまさに神業。 東北での次世代のバスアングラーを育てる為に、精力的に活動する一面もある、リーダー的な存在。
齋藤 正樹

齋藤 正樹 Masaki Saito

『東北のカリスマ』
東北においていち早くゲームフィッシングを提唱し、確立させた東北の雄。彼を知らずして東北を語るべからず。ジャンルは多彩で、バスフィッシングではNBC宮城チャプターの会長を長年つとめ、人望が厚い。また、今でこそ東北の2大メジャージャンルとなったロックフィッシュ&フラットフィッシュをここまで確立させた裏に彼の存在がある。
田中 努

田中 努 Tsutomu Tanaka

『東北のレッドスナッパーハンター』
東北地方で早くからエコギア アクアシリーズ+ジグヘッドやひとつテンヤを使ったハイブリッドなマダイ釣りを開拓してきたパイオニア。マダイ釣りだけでなく、ロックフィッシュやフラットフィッシュなど幅広いソルトウォーターゲームにも精通する。
田中 努

佐々木 俊 Shun Sasaki

『東北ROCKのニューエイジ』
シーズンを通して多くのトーナメントが行われるロックフィッシュ激戦区・東北で、めきめきと頭角を現してきた新世代ロックフィッシャー。地磯でのストロングスタイルから、食わせのフィネスゲームまで、柔軟に幅広くカバーする。今、勢いにのる注目の若手トーナメンター。

このページのトップに戻る

関東エリア

麻生 洋樹

麻生 洋樹 Hiroki Aso

『ストロングスタイルのWBSプロ』
霞水系をホームレイクとするトーナメントアングラー 1996年度WBSアングラーオブイヤーを獲得。上位入賞多数。『テキサスリグ』を攻めの中心におき大胆かつ繊細なスタイルでゲームプランを組む。サマーパターン時の強さには定評あり。
足立貴洋

足立貴洋 Takahiro Adachi

『ビッグフィッシュにこだわる河口湖ガイド』
ジャークベイトや1oz.を超えるジグでのリアクションの釣りなど、パワフルなゲームを得意とする河口湖プロガイドとして活躍中。50upを狙うビックフィッシュゲームにこだわり、数多くのランカーサイズをキャッチする敏腕アングラー。
石井 真

石井 真 Makoto Ishii

『房総のカリスマ』
高滝ダムをはじめとした関東のメジャーリザーバーで活躍するエキスパートアングラー。魚探を駆使しながら正確にバスを見つけ出し、狙いを定めた個体に喰わせる「シューティング」を得意とし、コンスタントに驚異のスコアを叩き出す。ハイブリッドバキュームシリーズ開発時にはメインテスターの一人としても活躍。
伊藤 巧

伊藤 巧 Takumi Ito

『陸艇ふたつの牙を持つ、若きサーベルタイガー』
利根川のTBCトーナメントやH-1GPXに参戦し、優勝経験も豊富。H-1GPXでは2度のAOYを獲得している実力派。広い視野でエリアを見分け、その時ヤル気のあるバスを見つけて釣っていくランガンスタイルを得意とし、特にカレントのあるフィールドでは無類の強さを発揮する。
荻野 貴生

荻野 貴生 Takao Ogino

『思わず唸る凄腕マルチプロガイド』
豊富な経験から導き出された独自の理論と深い知識を持つマルチエキスパートアングラー。プロガイドとして利根川、琵琶湖をはじめ各地で活躍中。エキスパート達が思わずうなってしまう“通”な引き出しを、状況に合わせて的確に展開する超本格派。
奥村 圭太

奥村 圭太 Keita Okumura

『霞水系のエキスパート』
霞水系のバスボートアングラーから絶大な信頼を得ている“V6マリンサービス”代表。バスボートに関するエキスパートであるのはもちろん、常に霞水系に接している五感と、手足のように使い込んだロードランナーで自在にバスを引き出す。カスミ系プロスタッフのリーダー的存在。
香取 潤一

香取 潤一 junichi Katori

『Mr.ロールキャスト』
霞水系をメインに活動するWBSに参戦。数々の上位入賞を誇る実力派トーナメンター。ストイックにバスと向き合うそのスタイルはトーナメンターとしての高い資質を感じさせる。また、片腕にハンデを抱えながらも、彼の左手から繰り出される芸術的なロールキャストは見ている者を魅了する。
武田 架奈美

城ノ上 巧 Takumi Jonoue

『モンスターハンターJOE』
国内有数のハイプレッシャーレイク亀山湖で、ビッグサイズルアーを駆使し、数々のモンスターバスを仕留める姿は、まさに「モンスターハンター」。フィネスからストロングスタイルまで様々な釣りをやりこんできた経験から編み出す個性的なテクニックで、さらなるビッグフィッシュパターンを追求している。
武田 架奈美

武田 架奈美 Kanami Takeda

『湖面を駆ける実力派女性プロガイド』
霞水系を中心にプロガイドとして活躍する女性アングラー。分かりやすく丁寧なガイドスタイルに定評がある。また、トーナメンターとして06年W.B.S北浦オープンで女性ボーター初出場初優勝の快挙を達成。他にも05年W.B.Sスーパースリーデイズ優勝など数々の実績が彼女の実力を裏付ける。
鶴岡 克芳

津輕 辰彦 Tatsuhiko Tsugaru

『ハードベイトネゴシエーター』
関東のレンタルボートレイクで、ハードベイトを主軸に、圧倒的な釣果を叩き出すヤング・ハードベイター。 どんな小さなスポットでも狙い通り撃ち抜く事ができるサイドハンドキャストは、まさに圧巻の一言。H-1 GPXに参戦し、トーナメンターとしての顔を持つ。2014年マスターズカップでは優勝を果たす。
鶴岡 克芳

鶴岡 克芳 Katsuyoshi Tsuruoka

『房総マイスター』
トーナメントレイクとしても有名な高滝湖・亀山湖をホームレイクとするトーナメンター。数多いトーナメント実績と明るい性格で地元アングラーにも名を馳せる。その存在感は、まさに兄貴。釣るために努力を惜しむこと無く、時間さえあれば湖に足を運ぶ。向上心と第六感を兼ね備えたアングラー。現在も房総方面にて活躍中。
中原 秀樹

中原 秀樹 Hideki Nakahara

『山中湖マイスター』
日本屈指のメジャーバスレイク・山中湖のほとりで暮らすスペシャルロコアングラー。長年山中湖のバスフィッシングと向き合って得た知識と技術は他を圧倒。まさに「山中湖マイスター」の称号にふさわしい。周りのアングラー達からも信頼が厚く、多くのトーナメンター達がスキルアップのために彼の元を訪れるほど。
山本 寧

山本 寧 Yasushi Yamamoto

『W.B.S.プロクラシック ウィナー』
霞水系をホームに、20年以上トーナメントシーンの第一線に立ち続けるベテランア ングラー。マキモノ、テキサスリグなどを中心に組み立てるストロングスタイルを 貫きつつ、常に自分の釣りをブラッシュアップする努力も怠らない。そして2010年 にはW.B.S.プロクラシック優勝を果たした。
伊藤 雄大

伊藤 雄大  Yudai Ito

『Mr.精密機械』
彼のスタイルを一言で表すとすれば『緻密』。レンジの刻み方やスプーンセレクト、タックルバランスなど、すべて実践から導かれた彼の計算のもとに緻密にゲームを組み立てていく。瞬時にコンディションを見極め、小刻みに的を絞りこんでいく姿はまるで精密機械のよう。
井上 太一

井上 太一 Taichi Inoue

『クールなエリアダンディ』
朝霞ガーデンをホームグラウンドとして活動中のアングラー。1g前後のスプーニングを得意とし、センチ刻みのレンジ攻略と、掛けと乗せの使い分けによって確実に釣り続けるテクニックの持ち主で、タフコンディション下での喰わせ勝負となるとめっぽう強い。知識も豊富で、ビギナーへの分かりやすいレクチャーにも定評がある。
木村 力也

木村 力也 Rikiya Kimura

『スプーンマイスター』
エリアを知り尽くしたエキスパートアングラー。昔から得意とする数センチ刻みの表層攻略テクニックはまさに神業。表層釣りに興味のあるアングラーなら一見の価値あり。現在、鱒玄人シリーズのデザイナーとしても活躍中。
早川 潤

早川 潤 Jun Hayakawa

『ワールドワイドエリアアングラー』
近年では日本を飛び出し、世界を股に掛けるエリアトラウトエキスパート。エリアトラウト創成期から活躍し、多くのアングラーに影響を与え続けているトラウティスト。「釣り場で見かけたらぜひ気軽に声を掛けて欲しい」という気さくな人柄でファンからの人気も高い。
葉多埜 恵介

葉多埜 恵介 Keisuke Hatano

『東京湾最強シーバスプロガイド』
TSCトーナメントで4度の年間チャンピオンという揺るぎない実績を持つ「東京湾最強」のシーバスアングラー。カバー周りで繰り出す矢のようなテクニカルキャストは圧巻。ケタ違いの経験と鋭い洞察力から生まれる独自のシーバス戦略をノリーズタックルで追求する。「ピーズガイドサービス」キャプテン。
村山 栄宏

村山 栄宏 Yoshihiro Murayama

『繊細さと強さを兼ね備えるHI-PRESSURES代表』
利根川のショアシーバスゲームをメインとする利根川ハイプレッシャーズ代表として活動。ハードベイトを主軸とした強い釣りを得意としながらも、状況に的確にアジャストできる柔軟性をも併せ持つ。シーバスだけでなくロックフィッシュゲームやアジングにも取り組み、ソルトゲーム全般をこなすマルチアングラー。
折本 隆由

折本 隆由 Takayoshi Orimoto

『インターナショナルマルチアングラー』
まさに「マルチアングラー」という言葉が最も似合うフィッシャーマン。バスプロとしてのキャリアも持ち、その一方でロックフィッシュ、エギングなどソルトウォーターゲームにも深く精通。ゲームフィッシングを追求すべく日々、日本各地のフィールドを飛び回り、近年その活動は世界のフィールドへと拡がっている。
野呂 昌明

野呂 昌明 Masaaki Noro

『オフショアマルチアングラー』
メジャーフィールド・伊豆をメインに活躍するソルトウォーターアングラー。特にエギングでは関東を代表する一人。そのエギングスタイルは豪快さと繊細さをバランス良く兼ね備え、常にコンスタントな釣果を上げてきた。エギングの他にも、様々なジャンルに精通し、シーバスやロックフィッシュ、時にオフショアでツナを追うこともある。
大久保 亨一

大久保 亨一
Ryoichi Okubo

『ストイックヒラメマスター』
日本においていち早く「ヒラメ」をゲームフィッシュとして提唱したフラットフィッシュアングラーの先駆け的存在。当時まだ確立されていなかったフラットフィッシュというジャンルをゲームフィッシングとして築き上げたひとり。サーフゲームのメッカ「鹿島灘・外房」をメインフィールドとし、シーズンを通してストイックにフラットフィッシュを追い続ける。
柏木 晃

柏木 晃 Akira Kashiwagi

『ヒラメD.S.のスペシャリスト』
独自の理論とスタイルで海と向き合うフラットフィッシュアングラー。「ヒラメやマゴチを誰にでも簡単に釣れるようにしたい」という彼の信念は、オリジナルリグの考案へとつながっている。固定概念にとらわれないその柔軟な発想が、多くのアングラーにフラットフィッシュを初めて手にする感動をもたらしている。
吉田 裕樹

吉田 裕樹 Hiroki Yoshida

『外房レッドスナッパーエキスパート』
ひとつテンヤ発祥の地・外房大原出身のナチュラルボーンスナッパーハンター。この釣りがブームになる前から各地の船宿に通って磨いてきたその腕前は確か。マダイだけでなくバスフィッシングの経験も豊富で、彼の釣りのバックボーンとなっている。

このページのトップに戻る

中部エリア

渋谷 直隆

渋谷 直隆 Naotaka Shibuya

『リザーバーマイスター』
青蓮寺ダムを中心に近畿のリザーバーと野池をメインフィールドとして活動。NBC三重チャプターに参戦し、年間優勝を過去2回獲得。メインフィールドは、クリアウォーターレイクが多いが、その中でいかに「強い釣り」を押し通し、内容ある展開と心に残るゲームが出来るか?を信条としている。
栗田 竜男

栗田 竜男 Tatsuo Kurita

『伊勢湾のエキスパートガイド』
伊勢湾四日市港を拠点とするソルトウォーターガイドサービス、CLUB KAITO代表キャプテン。ショア、オフショア問わず近海のゲームにこだわり、多種多様なターゲットを狙って釣行は年間200日を超える。その守備範囲はソルトだけにとどまらず、長良川でバスガイドとしても活動。
浜松 秀夫

浜松 秀夫 Hideo Hamamatsu

『駿河のエギスペシャリスト』
エギング、ロックフィッシュ、タチウオ、フラットフィッシュ、渓流のフライフィッシングと、幅広くゲームフィッシングに精通するマルチアングラー。特にエギングでは激戦区・伊豆をメインフィールドとし、ハイプレッシャーな状況下でも繊細なスタイルでアオリイカを確実にキャッチしていく姿はまさに「エギングマスター」。

このページのトップに戻る

近畿エリア

徳永 潔

徳永 潔 Kiyoshi Tokunaga

『青野ダムのエキスパート』
「青野ダムといえばこの人あり」。自他共に認める地元スペシャリスト。近年は青野ダムだけに留まらず、琵琶湖を中心に西日本のさまざまなフィールドでキャリアを積む。そのスタイルはトップウォーターからジギングスプーンまでこなすオールラウンダー。
中西 靖明

中西 靖明 Yasuaki Nakanishi

『JBマスタープロ』
クリアレイクに精通し、スレきった見えバスに口を使わせるテクニックには定評がある。特に彼の鍛え抜かれたミノーのジャーキングや、サイトフィッシングは一見の価値有り。兵庫県の銀山湖をホームレイクとし、長年通い詰めて身につけた高度なテクニックを駆使して、現在JBトレイルで全国を駆け巡る!
長谷川進

長谷川 進 Susumu Hasegawa

『琵琶湖実力派アングラー』
琵琶湖をホームに活躍を続けるベテランアングラー。マキモノ、テキサス、ハネラバなど、ジャンルを問わず、幅広く琵琶湖のバスフィッシングに精通する。フィッシングスタイルはもちろん、ボートメンテナンスでの信頼も厚い。
山口 博史

諸富 真二 Shinji Morotomi

『琵琶湖の若獅子』
元気がトレードマークの琵琶湖新人ガイド。琵琶湖でのガイドだけでなくトーナメントにも参戦し、全国大会進出など確かな実績を誇る。カバーゲームに絶対の自信を持ち、巻きモノやライトリグなども得意とする、今後の活躍が期待されるアングラー。
山口 博史

山口 博史 Hiroshi Yamaguchi

『琵琶湖マシンガンバサー』
一般アングラー同様、休日メインでフィールドに立つセールスマンアングラー。地元・琵琶湖をホームグラウンドに、巻きモノを主軸にゲームを組み立てるのが彼のスタイル。ユーザー目線で分かりやすい製品説明と、トークの軽快さ、声の大きさには定評があるので、見かけたら声を掛けてもらって確かめてみて欲しい。
和田 壮義

和田 壮義 Takeyoshi Wada

『紀伊のスーパーロコ』
津風呂湖をメインレイクとし、紀伊半島のメジャーレイクである七色ダム、池原ダム、七川ダム、椿山ダムなどで活動するスーパーロコ。JB津風呂湖プロにエントリーし、常に上位をキープし続ける。パワーゲームからフィネスまでこなし、他に真似出来ないパターンを見出すことをモットーとする。
武宮 隆史

武宮 隆史 Takashi Takemiya

『スーパーハードジャーキングマシーン』
関西屈指のエギングフィールド・紀伊半島をメインに、モンスターアオリをストイックに追い続けるハイパフォーマンスエギングアングラー。彼の芸術的なシャクリテクニックと、エギを意のままにコントロールするロッドワーク、ラインメンディングテクニックはまさに神業。確固たるスキルが裏付けする、彼ならではの豪快なジャークは圧巻。

このページのトップに戻る

四国エリア

石川 晴彦

石川 晴彦 Haruhiko Ishikawa

『四国のバーサタイルトーナメンター』
旧吉野川、早明浦ダムを中心にJBトレイルで活躍するトーナメントアングラー。王道のパターンフィッシングを軸にしながらも、最先端のトーナメントシーンで多用されるエキストラフィネスまでハイレベルにこなす。ハイブリッドバキュームシリーズ開発時にはメインテスターの一人としても活躍する多才なアングラー。
井原 浩二

井原 浩二 Koji Ihara

『アグレッシブトーナメンター』
JB TOP 50参戦の経験を持つハイレベルバストーナメンター。トーナメントという特異なプレッシャーのなかで、ときにアッと驚く発想でゲームを切り開き、ひとたびはまったときの爆発力は他の追随を許さない。また、ホームレイク以外のフィールドに対しての適応力は目を見張るものがある。確固たるスキルがあるからこそ為し得ることだろう。

このページのトップに戻る

中国エリア

田中 大介

田中 大介 Daisuke Tanaka

『山口のストイックバスアングラー』
山口県のリザバーをメインに活躍。鋭い洞察力と分析力でパターンフィッシングを構築していくスタイルで、リザバー系トーナメントでの実績も多数。さらに関東遠征やトーナメント運営などにも積極的に活動する、抜群の行動力も持ち合わせる理論派アクティブアングラー。

このページのトップに戻る

九州エリア

内村 丈二

内村 丈二 Jyoji Uchimura

『九州のカリスマジョージ』
九州という恵まれたフィールドをこよなく愛し、バスやライギョフィッシングをメインに活躍中の若手カリスマアングラー。バスフィッシングではハードベイトゲームを得意とし、なかでもクランクベイトゲームは実に完成されたスタイル。ライギョアングラーとしても信頼厚く、多くのアングラーが彼のもとに訪れアドバイスをもらうほど。

南 敏哉 Toshiya Minami

『北山ダムのマシンガンアングラー』

北山ダムをホームレイクとして、JB九州を主戦場としながらチャプターにも参戦している。最も得意とするテキサスのカバー打ちで、数々のトーナメントで優勝もしている。彼から放たれるその正確無比なピッチングでバスを確実に仕留めていく、マシンガンアングラー。

このページのトップに戻る